KazukazuRight

毕竟 至少 我们在一起 娱乐好多年...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

20080519

2008年5月19號下午14點28分 在火車長長的鳴笛聲中 眼淚潸然而下
寫下這句話的時候 是懷着連自己都無法相信的悲傷的
在這一刻 全中國都在痛

和7天前一樣站在窗前 看着后面的那座山 輕風搖曳 風和日麗
和7天前一模一樣的景色
可是過于明媚的陽光刺著我的眼睛
這一番怎么看都是太平盛世的場景為什么這么的悲傷?
那些隨風搖擺的樹葉 沙沙作響 如同哭泣

這是我的家鄉 這是我的祖國 對它們對愛 我從未懷疑過
可是在這一刻 我的愛 是多么渺小
スポンサーサイト


  1. 2008/05/20(火) 20:12:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<We Are One | ホーム | 寶馬奔馳賓燕如飛>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kazukazuright.blog76.fc2.com/tb.php/94-b52b6dd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。